FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねしょのお願いが叶う時

小さな小さなやかんのような瓶は、意外にもなかなかいっぱいにならなかった。
こんなにたくさん、おねしょやおもらしをしてる人がいるのになー。
そう思いながら、瓶を降る。
目の前では、はつこがべそをかきながら母親に濡れたパジャマを替えてもらっていた。
みなとは、はつこの失敗だけは決して吸わなかった。
その結果、彼女はほぼ毎日布団を濡らし、泣きながら親を呼び、叱られながら始末をしてもらい、みなとが見ている事など知らず時にお尻を叩かれ、時に朝まで正座をさせられ、おむつを強引に当てられ・・・・・・
友達に知られたくないような夜を過ごしていた。
学校でいじめを繰り返すのも、夜の失敗の腹いせかもしれない、とみなとは思った。
「いつまでめそめそ泣いてるの!」
母親は呆れながら、はつこを膝に抱くと何発か尻を叩いた。
「こんな夜中に起こされて、お母さんの方が泣きたいのよ!」
はつこは、しょんぼりとうなだれるだけ。
学校で威張りまくってる姿からは想像出来ない。
校庭裏でお漏らしをした日。
結局周囲も何が起きてるかよく判らなかった事もあって、はつこの勢いは衰えなかった。
前ほど酷くはなくなったが、適当に誰かをいじめてることは止まない。
この姿をクラス中に見せてあげたいよ、とみなとはぼやいた。
その時、ふと、或る考えが閃いた。

「ねえ、稲田さん。
足下に何か落ちてるよ?」
翌日。
みなとは夜に彼女の部屋を覗き見した素振りも見せずに声を掛けた。
はつこは、言われて机と椅子の脚に目を向ける。
そこには、見覚えのある白いショーツがひらりと落ちていた。
(嘘!)
はつこは、ショーツの形が判らないように手でくしゃっと丸めるようにして拾った。
手の中に湿り気が伝わる。
それは彼女が夜に濡らし、脱いだはずの下着だった。
「稲田さん、昨日もしちゃったでショ」
みなとは、動揺するはつこの耳にそっと囁く。
「・・・・・・何を・・・・・・!」
「おねしょのこと・・・・・・も、おしおきの事も・・・・・・
バラされたくなかったら、あたしの言う通りにして欲しいの」
「言う通りって・・・・・・?!」
みなとは意地悪く笑うと、はつこの耳にある言葉を告げた。
「どうしてあたしがそんなことしなきゃなんないの?!」
「どうして?
おねしょも治らないくせしてみんなをいじめて来た罰よ!
言う通りに出来ないんだったら、昨日の夜、稲田さんがお母さんにどんな風にオシオキされていたかをみんなにバラすし、稲田さんのお母さんに稲田さんがいじめっこだってことをゆっちゃうけど?」
「そんな!」
「それとも、稲田さんのおねしょで濡れたパジャマを持って来る?
今日みたいにパンツだけじゃ済まないし、もっとみんなに見えるところに吊るすわよ?」
「お、おねしょをした場合の話よね?」
「それはそうだけど・・・・・・
稲田さん、おねしょしない自信あるの?
殆ど毎日じゃない」


おねしょなんか絶対しない!
昼の悔しさで、はつこは自分にそう誓った。
それなのに・・・・・・・


布団には大きな染みが出来ている。
(でも、お母さんを呼ばなければ・・・・・)
(お母さんに気付かれなければ・・・・)
はつこは、起こした体をもう一度横たえ、布団の中に潜った。
そう来ましたか、とみなとは微笑んで見ていた。
布団の中は冷たく、気持ちが悪かったがみなとの言う通りにしなくてはいけなくなるくらいなら、と我慢した。
その考えは甘かった。


翌朝、はつこはおねしょを暴かれると言う、恥ずかしい朝を迎えた。
大きな染みの残るベッドに手を付かされ、濡れたパジャマの上から、何度もお尻を引っぱたかれる。
今までの軽いお尻叩きではなかった。
はつこの体は、何度も痛みでのけぞった。
おまけに、もう一つ大きな問題が起きていた。
濡れた布団の中で寝ていたせいもあって、お腹が重い。
おしっこに行きたくてたまらない。
もじもじ足をすり合わせると、更に強く打たれる。

(このままでは、あいつの言う通りになってしまう・・・・)

はつこは必死で耐えた。
「今度おねしょしちゃったら、お母さんにお尻を叩かれながら漏らしてよ」
みなとは、そう囁いたのだ。
そんなのは嫌だ。
おしおきが早く終わらないかと願いながら、はつこは迫り来る尿意と闘っていた。
スポンサーサイト
プロフィール

りろいべる

Author:りろいべる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。