FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り替えっこ •2

 ぽちゃーーん、と天井からの水が音を立てる。
 ムツミは涙で濡れた顔をお湯でぬぐった。
 恥ずかしさと恐怖で凝り固まった気持ちを浴槽のお湯がほぐして行く。
 それと同時に打たれた尻が傷んだ。
 母親にはおねしょでびしょびしょのお尻もパジャマも平気で晒せたのに、他人に見られる事がこんなに恥ずかしいなんて・・・・・
 いや、あんなに恥ずかしい事を当たり前のように母親に見せつけていたなんて。
 そう思うと、また涙が出て来る。
 その時、外で甲高いサキの声がした。
「汚れた服をそのまま洗濯機に入れるなんて!
あなたのお母さんは、どんな教育をしているの?!」
 ムツミは慌てて浴槽から出た。
「違います!
お母さんは悪くありません!
私がーーーーーーーー」
 叫びながら、ムツミは自分が反抗して来た事がどれだけ母親を辱めたのか思い知って情けなくなった。
 洗濯機から慌てて汚れた服を出すと浴室の中で洗った。
 何度お湯を掛けても、自分の臭いが落ちない気がして、ムツミはしゃくり上げながら服をゆすぎ続けた。


 ムツミの家に泊まった夜。
 ルリは、ムツミのベッドの上でもじもじとしていた。
 ムツミの母親がたっぷり紅茶を飲ませたせいで、膀胱がずっしり重い。
「いいのよ、ルリちゃん。
その上にしちゃって・・・・」
 ムツミの母親が顔を真っ赤にして膝を揺するルリに言う。
「でも・・・・・・・」
 いざおしっこを出そうとすると股がきゅっと閉まって出せない。
(こんなに、おしっこしたいのに!)
 苦しさで涙が出そうになる。
「ルリちゃん、足の間から手を離して。
体をゆっくり倒して・・・・・・」
「は、はい・・・・」
 おそるおそる言うなりになるルリ。
 ムツミの母親は静かに低い声で怪談を始めた。
 あまりの話の巧さに、ルリは自分がおしっこを我慢しているのを忘れ掛け、話に聴き入った。
「それでね・・・・・・」

 ムツミの母親は言葉を止めると


ぱん!

 
 ルリの目の前で大きく手を鳴らした。


「あっ」
(お尻が・・・・・・・)
 じわっとした温もりをお尻に感じて、ルリはびくっと体を振るわせた。
 びっくりした拍子に尿道が弛んだのだ。
 おしっこはじわじわとお尻に広がり、やがて内股を伝い、ベッドの上に広がって行く。
「ああ・・・・・・・っ」
 パジャマの内股に出来る染みがルリの目に付いた。
「そのまま、横になって・・・・」
 そう言うと、ムツミの母は、掛け布団でルリの体を覆った。
 布団の中でしゅうしゅうと言う音を立てながら、ルリは布団の中で横になった。
(変な気持ち・・・・・)
 おしっこはまだ出ている。
 でも、緊張と夜遅いのとで、ルリはいつの間にか眠りに落ちていた。
 
スポンサーサイト
プロフィール

りろいべる

Author:りろいべる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。