おねしょのお願いが叶う時

小さな小さなやかんのような瓶は、意外にもなかなかいっぱいにならなかった。
こんなにたくさん、おねしょやおもらしをしてる人がいるのになー。
そう思いながら、瓶を降る。
目の前では、はつこがべそをかきながら母親に濡れたパジャマを替えてもらっていた。
みなとは、はつこの失敗だけは決して吸わなかった。
その結果、彼女はほぼ毎日布団を濡らし、泣きながら親を呼び、叱られながら始末をしてもらい、みなとが見ている事など知らず時にお尻を叩かれ、時に朝まで正座をさせられ、おむつを強引に当てられ・・・・・・
友達に知られたくないような夜を過ごしていた。
学校でいじめを繰り返すのも、夜の失敗の腹いせかもしれない、とみなとは思った。
「いつまでめそめそ泣いてるの!」
母親は呆れながら、はつこを膝に抱くと何発か尻を叩いた。
「こんな夜中に起こされて、お母さんの方が泣きたいのよ!」
はつこは、しょんぼりとうなだれるだけ。
学校で威張りまくってる姿からは想像出来ない。
校庭裏でお漏らしをした日。
結局周囲も何が起きてるかよく判らなかった事もあって、はつこの勢いは衰えなかった。
前ほど酷くはなくなったが、適当に誰かをいじめてることは止まない。
この姿をクラス中に見せてあげたいよ、とみなとはぼやいた。
その時、ふと、或る考えが閃いた。

「ねえ、稲田さん。
足下に何か落ちてるよ?」
翌日。
みなとは夜に彼女の部屋を覗き見した素振りも見せずに声を掛けた。
はつこは、言われて机と椅子の脚に目を向ける。
そこには、見覚えのある白いショーツがひらりと落ちていた。
(嘘!)
はつこは、ショーツの形が判らないように手でくしゃっと丸めるようにして拾った。
手の中に湿り気が伝わる。
それは彼女が夜に濡らし、脱いだはずの下着だった。
「稲田さん、昨日もしちゃったでショ」
みなとは、動揺するはつこの耳にそっと囁く。
「・・・・・・何を・・・・・・!」
「おねしょのこと・・・・・・も、おしおきの事も・・・・・・
バラされたくなかったら、あたしの言う通りにして欲しいの」
「言う通りって・・・・・・?!」
みなとは意地悪く笑うと、はつこの耳にある言葉を告げた。
「どうしてあたしがそんなことしなきゃなんないの?!」
「どうして?
おねしょも治らないくせしてみんなをいじめて来た罰よ!
言う通りに出来ないんだったら、昨日の夜、稲田さんがお母さんにどんな風にオシオキされていたかをみんなにバラすし、稲田さんのお母さんに稲田さんがいじめっこだってことをゆっちゃうけど?」
「そんな!」
「それとも、稲田さんのおねしょで濡れたパジャマを持って来る?
今日みたいにパンツだけじゃ済まないし、もっとみんなに見えるところに吊るすわよ?」
「お、おねしょをした場合の話よね?」
「それはそうだけど・・・・・・
稲田さん、おねしょしない自信あるの?
殆ど毎日じゃない」


おねしょなんか絶対しない!
昼の悔しさで、はつこは自分にそう誓った。
それなのに・・・・・・・


布団には大きな染みが出来ている。
(でも、お母さんを呼ばなければ・・・・・)
(お母さんに気付かれなければ・・・・)
はつこは、起こした体をもう一度横たえ、布団の中に潜った。
そう来ましたか、とみなとは微笑んで見ていた。
布団の中は冷たく、気持ちが悪かったがみなとの言う通りにしなくてはいけなくなるくらいなら、と我慢した。
その考えは甘かった。


翌朝、はつこはおねしょを暴かれると言う、恥ずかしい朝を迎えた。
大きな染みの残るベッドに手を付かされ、濡れたパジャマの上から、何度もお尻を引っぱたかれる。
今までの軽いお尻叩きではなかった。
はつこの体は、何度も痛みでのけぞった。
おまけに、もう一つ大きな問題が起きていた。
濡れた布団の中で寝ていたせいもあって、お腹が重い。
おしっこに行きたくてたまらない。
もじもじ足をすり合わせると、更に強く打たれる。

(このままでは、あいつの言う通りになってしまう・・・・)

はつこは必死で耐えた。
「今度おねしょしちゃったら、お母さんにお尻を叩かれながら漏らしてよ」
みなとは、そう囁いたのだ。
そんなのは嫌だ。
おしおきが早く終わらないかと願いながら、はつこは迫り来る尿意と闘っていた。
スポンサーサイト

おねしょをしたらお願いを叶えてあげる



「この瓶におねしょやおもらしを集めて来たら、お前の願いを叶えてあげる」
暗い神殿の中、巨大な女王の声が響いた。
みなとの手には、小さなやかんのような瓶が入っている。
どうしてこんな神殿に来たのかも、全く覚えていない。
女王の姿は恐ろしく、声はおごそかで大きく、優しく声を掛けてくれているだろうに、みなとは恐怖でパンツを濡らし、足下に水たまりを作った。
(女王様にバレないようにしないと!)
みなとは、自分のお漏らしに気付くと、真っ青になった。
「・・・・・お、おねしょやおもらしはどうやって集めるんですか?」
「その瓶の口をおもらしやおねしょの跡に当てればすぐに吸ってくれるよ。
そう、例えば・・・・・」
女王の手が、みなとに向かって伸びて来た。
(バレてた!)
みなとは慌てて後ずさると、一目散に走り出した。


「あっ!」

夢だった。
みなとは、体を起こすと、荒く息をついた。
「(怖かった!)
まだドキドキする胸を押さえながら、体を起こすと・・・・・・・

お尻が冷たい。

(嘘・・・・・)

みなとは見事におねしょをしていた。
ズボンもパンツもびしょびしょだ。
しかも、じょろん、という音がして、またおしっこが出て来た。
もやもやとした生暖かいおしっこがパンツの中でごそごそしてる。
なすすべもないまま、みなとの下半身は再び布団に染みを拡げた。

(どうしよう・・・・・)

うろたえるみなとの手の中に、あのやかんの型をした瓶があった。
みなとがおそるおそる、開いた足の間にその瓶を入れると、なんと、見る間に布団やパジャマを濡らしていたおしっこが消える。
(すごーーーい!)
みなとは興奮して、瓶の中を見た。
黄色い液体が、中でちゃぽちゃぽ言っていた。


それから、みなとは誰かがおねしょやおもらしをすると、すうっと体が飛んで行くようになった。
相手からはみなとが見えないようだ。
毎晩のようにして、すっかり常連になっちゃった子もいるし、本当にたまたまの子もいる。
不思議な事に、おねしょやおもらしは、全部吸われてなくなる事もあれば、吸ったのにそのままになてしまうこともあった。
みなとのおねしょは必ず吸われていた。
(わざとしたらどうなるのかな・・・・・・)
ふと、思ったが怖くて試せない。
そうやって夢の中で飛び回っていたある日。

いじめっこグループの女子に呼び出された。
みなとは特にいじめられっこではないのだが、このグループは不特定に誰かをいじめるのだ。
裏庭の誰も見ていない場所に連れ出されたみなとは、小突いたり突き飛ばされたりした。
そんなみなとをリーダーのはつこがにやにやしながら見ていた。
みなとは、周囲の手を払いのけると、はつこに歩み寄って行った。
「あら、稲田さん。
今日はおむつをしてないの?」
その言葉に、はつこの顔が青くなった。
「言われてたよねえ。
”今度おねしょをしたら、おむつにするってお母さん言ったわよね?
お尻を出しなさい!”」
それは、はつこが昨日の夜中に母親から言われた言葉だ。
「ど・・・・・・」
どうして、そんなこと知ってるの?という言葉をはつこは慌てて飲み込む。
周囲は何?何?とざわめき始めた。
「ねえ、稲田さん。
お尻、何回叩かれたの?」
言うが早いか、みなとははつこのスカートをめくり、パンツを下ろす。
そこには、真っ赤な、お尻を叩かれた跡があった。
「・・・・・・やめて・・・・」
はつこは耐え切れずに顔を真っ赤にして言った。
「これから私の言う通りにするなら、パンツを元に戻してあげる」
「な、なんて言うの?」
「”私は毎晩のようにおねしょをして、ママにお尻を叩かれています”って」
その言葉に、はつこの目が見開かれた。
しばらく、迷いがあったが、かすれた声で復唱した。
周りはますますざわつく。
「声、小さいからもう一回言って。
そうしたら、ちゃんとパンツを上げてあげる。
言えないなら、もっとたくさんの人にバラしちゃうから」
はつこは、悔しさに顔を歪めた。
そして、ヤケになって叫んだ。

「あたし、毎日おねしょしてるの!
ずっとずっとーーーーーー!」

みなとは、約束通り、はつこのパンツを上げた。
「じゃあ、次はそこに横になって」
「こ、ここに?」
はつこは驚いて足下とみなとを見た。
「そう。
そして、みんなにどうやっておねしょしちゃうか見せてよ」
「何言って・・・・・」
「今なら、ここにいる人だけの秘密で済むのよ?」

はつこはしぶしぶ、土の上に横たわった。
地面が湿っていて、コケの臭いがする。
「み、みんな、見て。
あたし、今から・・・・・・・

毎日こうやって、おねしょをしてます・・・・・」

突然の成り行きに驚いて、誰も声を出せない。
し−ーーーんとした空気だけが辺りを覆う。
みなとをいじめるために、人気のない場所を選んだことが、はつこの仇になった。
しゅうーーーーーー
パンツから漏れる音が、静けさの中、はっきり聴こえたのだ。
(恥ずかしい!)
おねしょは知らぬ間の事だ。
出してる間の事は知らない。
それが今は自分のおしっこの音がはっきり聴こえるし、堅い土がおしっこを吸わないのでお尻の辺りから温もりが広がるのも判る。
そのおしっこは、ゆっくりとあちこちに筋を作って流れて行った。
やがて立ち上るにおいは、羞恥そのものだ。
早く終わって欲しいのに、おしっこはなかなか終わらない。
やっとすべてのおしっこを出し終えたはつこが、周囲の視線に耐えながら体を起こすと、みなとの姿はもうなかった。
パンツもスカートもびしょびしょにして、はつこはどうしようもなくなり、号泣した。

おねしょの国

ここがおねしょの国だったらいいのになあ。
「今日もおねしょしてないじゃないの!」
「ごめんなさい、わざとじゃないんです」
「もう大きいのに、こんな簡単な事も出来ないなんて!
お尻を出しなさい!」
「ごめんなさい!
明日はちゃんとします!」
「そのセリフは聞き飽きました!
今日はおもらし出来るまで叩きますよ!」
「ああっ!」

お姉ちゃんやお母さんのお尻をぺんぺん。
パンツなんか下ろさないわ。
でないとお漏らしにならないもの。
私は毎日おねしょをしてるから、先生からも褒められて、クラスメイトからも尊敬されるわ。
お漏らしも得意だから、鼻高々で家に帰って自慢する。
おやおや?
お姉ちゃんは今日もお漏らし出来なかったの?
ダメねえ。
あたしがバカにされるんだから、ちゃんとしてよね?
そう言っていじめてやるの。
おねしょの国は楽しいわ。
ああ、この国がおねしょの国だったらなあ。


GEDC0142.jpg
GEDC0142.jpg
プロフィール

りろいべる

Author:りろいべる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR