FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せせらぎ

今夜は親が留守。
作り置きしてもらったご飯を食べ終え、いつもより夜更かし。
嫌がる兄貴を説得して「夜トイレに行かれなくなるからダメよ」と言われているホラームービーを観る。
画面に恐怖画像が映し出される度、兄貴は体をこわばらせ、必死で耐えている。
それが面白くて、映画を見ながら兄貴の様子を盗み見して、二人でトイレに行き、それぞれの部屋で寝た。
居間は散らかったままだけど起きてから片付ければいいや。
ミキヤはベッドに入るなり、すぐに眠ってしまった。

ふと、物音で目を覚ます。
兄貴がトイレに起きたらしい。
慌ただしく駆け込む音。
乱暴に閉まる扉。
そして水音。


映画を見てる時の兄貴、可愛かったなあ・・・・・・
目に涙なんか浮かべちゃって。
ミキヤは思い出し、ニヤニヤしながら寝返りを打った。
トイレからは水音が聞こえて来る・・・・・・・
そのまま、また眠りの世界へ・・・・・


次に目を覚ました時、ミキヤの耳にはまだ水音が聞こえていた。
なんだか気持ちが良い。
そう思っていたミキヤだが・・・・・


お尻が段々重たくなってくる。
「?」
しかも、今度は冷たくなって来た。
「?!」
嘘だ!
ミキヤは恐怖で目を覚まし、飛び起きた。
お尻もシーツもマットレスもびしょびしょだ。
そんな馬鹿な。
ミキヤはうろたえ、目に涙を浮かべた。
まるでホラー映画を見ている時の兄貴のように。


半乾きで、しかも異臭を解き放つマットレス。
ビデオデッキから抜き忘れたホラー映画のビデオ。
鬼の形相の母親。
「だから言ったのに!」
正座をするミキヤは違うとも言えず、うなだれるしかない。
シーツと濡れたパジャマは兄貴にもバレないように処理できたがマットレスと敷布団だけはどうにも出来ず、そのままにしていたのを昼前に帰宅し、布団だけでも干そうとした母親に見つかってしまったのだ。
それだけでも母親は随分とおかんむりだったが、早朝からおねしょの処理に追われ、トイレに行かれなかったミキヤが正座の最中におもらしまでしてしまったため、その怒りはピークに達し、ミキヤは濡れたズボンのまま、洗った布団やマットレスとともにしばらくベランダに出されてしまった。
その様子を何度も兄貴に見られ、ミキヤはただひたすらにいたたまれない思いをするしかなかった。
スポンサーサイト

廊下でモジモジ

どうしよう・・・・・
冷たい床の上。
わずかに尻を揺さぶりながら彼は眉間にしわを寄せ思案する。
正座を崩さないようにしつつも徐々に訪れる尿意に耐えていたが、もう時期限界を迎えそうだ。
思春期真っ盛りの彼は犯罪行為には走らないものの、何かと反抗的だった。
おおらかで過保護なところのある養父はそんな彼に腹を立てたりもせず、この時期というものはそうなんだと笑って見逃してくれていたが、それでも許されないことはある。
その一線を越えてしまってはさすがに養父も笑っては許してくれず、厳しい罵倒ののち、廊下に出され、正座を言い渡された。
自分が悪いことは重々承知、しかも何をしても償えないことをやらかしてしまった自覚はある。
説教で済むならむしろありがたいくらい。
出て行けと言われても文句は言えないくらいのことだ。
情けない気持ちと後悔の念と、初めての養父の強い怒りに心が弱っている彼には、この迫り来る尿意は恐怖だった。
乗り越えられる自信も無い。
しかし、中座させてくれとは言えない。
だからと言ってもしここで漏らしてしまったら・・・・・・・

養父はどんなに怒り狂うか。
今度こそ家を出て行けと言われてしまうかもしれない。

その恐怖で知らず涙が溢れる。

今までぐっとこらえて来た涙なのに。
「お前が悪いんだろう」
と言われたくなくて頑張ったのに。
視界があっという間に霞む。
「う・・・・・・・」
彼はそっと鼻をすすった。
尻たぶがほんわかしてくる。
その温もりは徐々に尻を覆い、床についた足を伝い広がる。


(・・・・・・ダメだった・・・・・・)

かと言って立ち上がることも出来ない。
しくしく泣いていると、様子を見に来たであろう、養父の足音が近づいてくるのが判り体が硬直する。
意識は真っ暗になりそうだ。
心臓は早鐘を打ち、自然、顔が下を向く。
とてもじゃないが顔など見れない。
「おい、なんだこりゃ」
驚いた声に、肩がビクッと上がり、その弾みで残っていたおしっこが飛び出し、堰を切ったかのようにキツく閉じられた股間の間から隠しようのない音を立てて水たまりを広げていった。
頬が熱くなり、それでいて血の気が引く。
止めたくても止まらないこの失禁。
彼は自分がパニックに陥るのが判った。
予想できる最悪の事態がフラッシュバックのように脳内を駆け巡る。
出来るなら大声で叫び、すべてをなかったことにしたい。
だが、そんなことは叶わない。
膝の上に乗せた拳をキツく握りしめ、その間も流れゆく己の排泄物を眺めるだけだ。


どれくらいの時間が経ったかは判らない。
成すすべもなく再びすすり泣き始めた時、ふわりとしたものが視界を遮った。
それが大きめのバスタオルだと判った時には養父にタオルごと抱きかかえられていた。
養父は彼を風呂場まで運ぶと、汚れた服を洗い、言葉もなく体を洗い終えた彼の体を拭き、寝室まで連れて行くと、どうして言わなかったんだ?と言いながら彼が眠りにつくまで見ていた。


「・・・・・・・どうしよう・・・・・」

翌朝、目を覚ました彼には新しい困惑が訪れていた。
シーツにはホカホカと湯気を上げる水たまり。
パジャマのズボンは内股からお尻がびしょびしょ。
動くたびにペッタリと体に張り付く。
昨日の今日なのに・・・・・・

目頭が熱くなる。


あまりにも起きてくるのが遅い彼を心配して様子を見に、部屋に入った養父が見たものは、ベッドの上に正座をし、自分の作った水たまりの前でしょんぼりとうなだれる養子の姿だった。

養父はその日以降、激怒することはなかったが養子が少しでも悪いことをしようとすると、お前は叱ると漏らすからなあと言って笑い、彼を恥ずかしさでいっぱいにするのだった。

情景

おねしょをしたから・・・・・


高校生にもなって朝がこんなに屈辱的なことはない。
ハッとして目を覚ますこともあればまどろみからゆっくりと目が覚めることもある。
どっちにしても結果は同じだ。
パジャマのズボンはビショビショ。
布団には大きな染みが出来、特にお尻の下から股間に掛けての部分はシーツの下の布団までぐしょぐしょで模様が透けて見える。
おねしょが治らない。
母親はオムツを勧めて来たが、毎日するならともかくも、毎日のように続くこともあれば一ヶ月ぶりのこともある。
そんなおねしょの為に毎日オムツを当てるのはもっと屈辱的でイヤだった。
同じような理由でおねしょシーツも断った。
母親は文句も言わず、その判断を飲んだ。
その代わり、汚した始末は自分ですることにしたがこの片付けもなかなかに惨めなものだった。
なるべく家族が部屋から出て来る前に済ませたいと焦るから、逆にモタモタしてしまってまだ吸い込まれきっていない己の排泄物を床にぶちまけたこともあるし、汚れたパジャマを履いたまま洗い場まで行けば水たまりが床に続くし、脱げば下半身丸出しの情けない姿。
慌てて入る風呂は十分に温まっていないし、夏は臭いがキツい。
布団だって丸洗いできるわけじゃない。
天気が悪ければうすら湿ったまま。

高校2年になった彼、ショウタは受験勉強を理由に一人暮らしを申し出た。
大学が決まってから慌てて物件を探しても競争率が高く探すのは困難だろう、と親には言った。
様々な条件はついたが、どうにか一人暮らしは認めてもらえた。

ショウタが一人暮らしを望んだのはもちろん勉強が理由ではない。
一つは、誰にも気兼ねなくおねしょをし、その後片付けをしたかったから。
そしてもう一つは・・・・・

ーーーーシリアルキラーの特徴に、夜尿が治らないーーーーー

という文献を見たからだ。
自分がシリアルキラーかどうかは判らない。
だが、こんな屈辱的なことを誰かも味わうべきだとは思い始めていた。
例えば、弛緩した肢体はみっともなく排泄物を漏らすという。
自分に殺人が出来るとは思わないが、自分より弱いものをどうにかすることは出来るんじゃないか、という妄想が頭の中に生まれ、それからはその妄想が止まらなくなった。
勉強をしていても何もしていても、誰かがみっともなくお漏らしをしてしまうところ。
おねしょでお尻をぐっしょりと濡らしてしまうところ。
それを目撃してしまう自分。
そんな映像が脳内を占めて行く。

自分はいつか誰かを殺してしまうかもしれない。
本当にシリアルキラーかもしれない。
そう思い始めていた。


目を覚ますとお尻がぐっしょり濡れていた。
幸いその日は日曜日だったから、ショウタは片付けを慌てることはなかった。
濡れたパンツをお尻から引き剥がしシャワーで自分の体と汚れたものを濯ぎ、洗濯機にあとは任せ、布団の処理をする。
参考書を持って朝食をコンビニで買い、公園のベンチで朝食をとりながら勉強する。
一口頬張るごとに暗記が進む。
そんなイメージだ。
ふと気付くと目の前に幼い女の子がいた。
幼稚園の年長か、あるいは小学校の一年生くらいか・・・・
女の子はショウタの顔をじっと見つめていた。


どうしてそうなったのかは覚えていない。
誰かに説明しろと言われても困難なことだが、我に帰るとショウタは一人暮らしの自分のマンションとは名ばかりの小さな築年数の古い部屋の中にいて、目の前では女の子が足を広げ足元に水たまりを作って震えていた。
・・・・・お漏らしだ・・・・・・
ショウタの喉がゴクリと鳴った。
待ちに待った。
頭の中に描いていた他人のお漏らしだ・・・・・

しかし、実際に粗相をされてしまうと頭の中の妄想より、片付けなくては、というスイッチが入ってしまう。
急いでお湯を沸かし、少女の体を洗い、床を拭き・・・・・
気付くと少女は座布団の上でショウタから借りたTシャツに体を包み、丸くなって寝ていた。
その寝息を耳にしているうちにショウタも眠気に襲われ、すぐ隣に横たわった。


お尻が冷たい・・・・・・
ショウタは暗い意識の中、ぼんやりと思う。
どこかですすり泣く声がした。
そうだ、他人がいるんだ!
ショウタが慌てて目を覚ますと隣では座布団にうずくまり泣いている女の子がいた。
そのお尻の下には丸い染みが出来ている。
ショウタの胸がどきりと鳴った。
女の子の手を取るとお風呂場に行き、一緒に体を洗った。
もうどうにかなってしまいそうだった。
女の子は、それから度々ショウタの家に来た。
そして、時々おしっこの失敗をして帰って行った。
彼女が帰った後、一人取り残された部屋でショウタは自分はいつか彼女を殺してしまうのだろうか、とぼんやり思った。


今日も女の子が来ていて、二人は知らぬ間に眠りについていた。
ショウタに昼寝の習慣はないのだが、彼女が寝ると自分も眠くなるのだ。
そしていつものように少しして目を覚ますと、部屋の中に誰かがいた。
自分の部屋では有り得ない、少し年上の女性が微笑みながら自分を見下ろしている。
ショウタは、慌てて体を起こすと同時に、
(おねしょは?)
と身を硬くした。
幸い、その日はしていなかった。
女性は女の子の手を繋いでいた。
女の子のスカートの裾にはおねしょの印がある。
「この子の母です」
と、女性は名乗った。
「勝手に上がりこんじゃってごめんなさいね?うちの子がよくお邪魔してると聞いたものですから・・・・・・
しかも・・・・」
そう言うと、女の子のスカートを捲り上げ、膝に乗せると濡れた下着の上から叩き始めた。
「よく粗相をしているとか?
そうなんでしょ?」
パン!
パンパン!
ぴしゃん!
容赦ない平手雨ちを受け、女の子は返事をすることも出来ずにひたすら声を上げた。
「いつかお詫びにと思っていたんですよ?」
言いながらも平手打ちは止まらない。
ショウタは自分の頬が熱くなるのを感じた。
気のせいか太ももの間もじんわり熱い・・・・・

「あ!あ!ああ!」

女の子は声を更に上げると母親の膝の上におしっこを漏らし始めた。
母親の手はそれでも緩まない。
ようやく許され、真っ赤になったお尻を晒され、しくしく泣く女の子を目の前にして、ショウタは何が何だか判らず、頭の中がぼうっとなった。
女の子の母親は、さっきまで女の子の尻を打っていたとは思えないような微笑みを浮かべ、ショウタの手を取るとショウタを立ち上がらせた。

(あ・・・・・・)

ショウタは自分もおしっこを漏らしていたことに気付き、青ざめた。
母親はショウタのベルトを外し、ジーンズを膝まで下げるとちゃぶ台に上半身を押し付ける。
(え?)
何が起きているのか判らずまごまごしているショウタの尻に、平手が飛んだ。

「聞いたのよ?娘から」

母親の声が背中からする。

「あなたも・・・・・お仕置きが必要なんだってね」


数十分後。
ようやく平手打ちから解放されたショウタは痛む尻をこらえ、女の子と二人横並びに正座をさせられ説教をされていた。
そしてぼんやり思った。
・・・・・そうだ・・・・・

高校生になった僕が可哀想だからじゃなく。
ずっと前から自分は親にこうして叱られることがなかった。
そして、恥ずかしいとは思いながらも、どこかでそれを期待していたのだと・・・・・

秘密の部屋

テストも終わり、ヤノカはいそいそと鞄に荷物を詰め、クラスメイトへの挨拶もそこそこに家路へと急いだ。
中学二年生。
思春期の真っただ中の鬱屈したモヤモヤは、お腹の中で揺れる尿意と共に吐き出すべき場所へと急いでいる。
足早に道を行くせいでセーラー服のリボンもせわしなく揺れる。
(この日が待ち遠しかった・・・・)
ヤノカはそのリボンをぎゅっと握りしめ何度も誘惑に負けそうになる自分を思い出していた。
帰宅しても母はいない。
気ぜわしく鈴の付いた鍵を鍵穴に差し込み、乱暴に回し、家に駆け込み、靴を脱ぐ。

(まだまだまだまだまだ・・・・・)

ヤノカはお腹を抑え、自分をなだめ、部屋へと駆け上がる。
母親はいない。
夕食までは帰って来ない。
だからこそ油断のないようにしなくては。
ハヤる心に言い聞かせ、洗濯物を取り込み、それ以上の用事がないかを確認し、制服をきちんと脱ぎ、ようやく椅子に座ると引き出しから小さなタブレットを取り出す。
ハガキ大の大きさで厚みは5mm。
パネルに触れ、起動すると画面に暗証番号を入力する。
すると、ベッドと机の間に扉が現れた。
ヤノカが待ちわびた扉だ。
緩む口元を感じながら、その扉を開けると向こうには小さな部屋、そして布団がある。
ヤノカは、するりとその布団に潜り込んだ。
申し分のないふかふかの布団。
そこは仮想空間だった。
コインロッカーやレンタルギャラリーと同じような感じで個人的に借りられるレンタル仮想空間だ。もうちょっとお金を出せば色んなオプションを足せるのだが、ヤノカのお小遣いではこの空間と布団までが精一杯。
布団がついてるだけでもありがたいくらいだ。

時間が惜しい。
ヤノカは布団の感触を味わうのを止めにして、目を閉じ、睡魔に身を任せた。
タイマーをセットするのも忘れない。
程なくしてヤノカの意識が眠りの国へと引きずり込まれ、布団からは安らかな寝息が聞こえ、そして・・・・・・・


じわっ

しゅうううううううううぅぅぅぅぅ・・・・・・


じゅっ


しゅわ・・・・・・・・


ヤノカのお尻に温もりが広がると、それがゆっくりと腰に回り、やがて布団に水たまりが生まれ、大きく広がり出す。

「・・・・・・・・うん・・・・・・」

ヤノカは気持ちよさそうに足をもぞりとさせた。

彼女が待ち望んでいた時間。
それは仮想空間でおねしょをすること・・・・・・

仮想空間でのおねしょは、部屋を出れば消える。
汚れた服は残るので母親が帰る前に洗濯とシャワーを済ませなくてはならないが一番面倒な布団の処理がないのはありがたいことだった。

(お小遣いが上がったら)

快楽に身を委ねながらヤノカは心で呟く。

(オプションで女の人を付けよう。
そして、このおねしょを・・・・・・)

彼女の欲望は、今はおねしょをするしかないこの部屋で誰かに咎められたり、慰められたりお仕置きやお説教をされること・・・・・・

(お母さんじゃちょっと・・・・・・・
叔母さん?
お姉ちゃん?
年の離れた従姉とか・・・・・)

今はまだ手に入れられない未来への妄想は止まらない。
テストの間溜め込んでたおしっこを漏らし、太ももをびしょびしょにしながらヤノカは濡れた布団の上に正座させられうなだれる自分。小さな子みたいに号泣しながら慰められる自分。みっともない言い訳をしながらお尻を叩かれたり、クラスの子にバラすと脅かされる自分を想像し、時間を過ごすのだった。

(今、この瞬間にお布団を剥がされ・・・・・・

すっかり濡れちゃって涙をこらえながら告白する・・・・・

ううん?それとも・・・・・)

手に入れられない未来への思いは強い。
そして甘い。
思春期の、少しふくよかなお尻をおしっこを吸ってびっしょりになった布団の中に落とし、その感触を味わいながらヤノカは思いに耽った。

おねしょじゃないけどおねしょなの

朝、少年が目を覚ますと下半身がなんだかもぞもぞする。
無性におしっこがしたい。
もう間に合わないかもしれない。
それでもどうにか体を起こしてベッドから出ようとすると。
お尻の下でぐしゃりという感覚。
恐る恐る振り返ると、シーツに描かれた大きなシミ。
おねしょ。
どうして?
いつもはお姉ちゃんかお母さんが起こしに来るのに。
涙腺が緩んで涙が瞳の中に湧き上がるのと同時に、下半身も緩んだ。
じわっと温かいものが広がり、あっと思った時にはもう遅い。
すっかり水を吸って大人しくなったシーツの上に新しい水たまりが広がる。

あああああああ・・・・・・

絶望感のせいでおしっこが全部で終わるまでの時間が嫌に長く感じられた。
鼓膜の奥には、まだしゅううううう・・・という忌まわしい音が残っている。
濡れたシーツを丸め、抱えると涙声でお母さん、と呼ぶ。
よたよたとダイニングに行くと、お母さんとお姉ちゃんがクスクスと笑い合っていた。
なんだよ、とふてくされた気分になりつつも、僕・・・・・・と口ごもると、二人は口を手で押さえながら端末を差し出した。
そこには眠りにつく自分が写っている。

「?」

眠っている自分は、毛布を剥ぐとズボンの中に手を入れ、大事なところを弄っている。
しばらくもそもそしていたかと思うと、ズボンを途中まで下げ、小さな彼のシンボルを取り出し、シーツの上で放尿を始めた。
それは気持ち良さそうに。
眠ったままで。
彼を起こすために部屋に入ってきたからだろう。
明かりがしっかり付いていて、その様子もシーツに広がる水たまりもはっきり写っている。

お母さんとお姉ちゃんは真っ赤になってその動画を見ている少年に向かってゲラゲラ笑いながら言った。

「ちゃんとトイレで出来て偉いわねえ!」

だから、今日のお尻ぺんぺんは、なし。
それなのに、少年はうっかり口を滑らせて、二度目のおもらしのことを喋ってしまった。
そんなわけで、少年は二人からお尻をぴしゃんぴしゃんと打たれ、お尻をさすりながら学校に行ったのだった。
プロフィール

りろいべる

Author:りろいべる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。